ご予約

ホーム > 人間ドック・定期健診 > 大腸内視鏡検査とは

ここから本文です

大腸内視鏡検査とは

大腸内視鏡検査とは

内視鏡を肛門から挿入して、大腸(肛門から盲腸まで約1メートル)の状態を直接観察し、病変の有無を調べる検査です。ポリープ、腫瘍、潰瘍、炎症などが見つかった場合は、組織の一部を採取して顕微鏡で観察する、病理組織検査(生検)を行う事があります。病理組織検査を施行した場合には追加費用が発生します。

また、当院ではポリープ切除は行っておりません。

 

食事制限について

前日の朝食から食事制限(朝・昼・夕)があります。下記以外のものを食べてきた場合は、検査を実施することができませんのでご注意ください。

腸の中に消化されない食べ物が残っていると、検査で観察不良となり、残渣の下に隠れた病変を見逃してしまう可能性があります。

大腸内視鏡検査をお申し込みいただいた8人に1人がお食事制限を守られておらず、検査ができませんでした。(2021年度実績)

消化がよく、残渣になりにくい下記に記載のものをお召し上がりください。

 

食べてよい食事

主食 ・具のない白いおかゆ
・食パン(1食1枚)
・素うどん(薬味なし)
・そば(具、薬味なし)
飲み物 ・水、お茶
・スポーツ飲料(プロテインを除く)
・コーヒー(ミルクなし)
・紅茶(ミルク、果汁なし)
その他 ・豆腐(塩、醤油、ポン酢)
・はちみつ
・ガム
・あめ

大腸内視鏡検査前日の検査食を当院にてご準備しております(ダルムスペースリッチスリー)。
ご要望の方は、予約時にお伝えいただくか、前々日までに当院にてお求めください(有料:1,650円)。

 

前日の食事、水分摂取についての注意

 

当日の食事、水分摂取についての注意

 

下剤等内服方法について

前日の下剤等内服方法について

  1. 20時にマグコロール1袋を150ccの水に溶いて内服してください。
  2. 21時にラキソベロン1本を150ccの水に溶いて内服してください。

マグコロールとラキソベロンの内服は間隔を1時間以上あけてください。

マグコロール

ラキソベロン

 

検査当日の下剤等の内服について

ご来院後、空腹時の検査等が終了してから、腸管洗浄剤を内服していただきます。

 

 

検査前確認事項

医師による大腸内視鏡検査の実施可否判断

◇下記に該当する方、また医師が実施困難と認める方は検査が実施できません。

  1. 前日、当日の食事制限が守られていない方
  2. 前日の下剤等内服の指示に従っていただけなかった方
  3. 既往歴、手術歴、その他安全上の理由により医師が実施困難と認める方は大腸内視鏡検査を実施することができません。
    具体例:人工肛門、気管切開後、在宅酸素療法、認知症、透析中、水分制限のある慢性腎疾患、麻痺のある方、頚椎靭帯治療中の方、多量下血のある方、姿勢維持困難な方、がんの治療中、1年以内の手術 等 詳しくは同意書をご参照ください。

 

その他大腸内視鏡検査の実施可否判断

◇下記に該当する方は、記載内容をご了承の上、ご受診ください。

  1. 抗凝固薬、抗血栓症薬、市販薬(風邪薬に含まれるアスピリンなど)、サプリメント(DHA・EPA)等の服用状況により、お薬の休薬期間が異なります。医師の指示にて内服中止、または休薬期間が守られていない方は、大腸内視鏡検査は可能ですが、病理組織検査を行うことができません。
  2. 糖尿病薬を使用中の方は、検査時に絶食となるため、血糖降下薬を使用すると低血糖になる可能性があります。主治医に確認のうえ、糖尿病薬内服、インスリン使用をお控えください。
  3. 腸管洗浄がうまくいかない場合、有益な検査ができないことがあります(カメラが進まず中断の場合もあります)。

 

検査後の注意点

 

その他、詳細は送付資料の「大腸内視鏡検査に関する説明・同意書」、「大腸内視鏡検査を受けられる方へ」をご覧下さい。

 

人間ドック・定期健診

人間ドッグ・各種健診

みなと健診クリニック

〒108-0075
東京都港区港南2-5-3
オリックス品川ビル 2階
健診:03-5781-5020
外来:03-5781-5022

月~金 8:00~17:00

アクセスのご案内

  • フォトギャラリー
  • スタッフ紹介
  • 満足度調査
  • 品川区各種健診助成制度案内
  • 求人案内
  • お問い合わせ

 

ページの先頭へ戻る